お知らせ    更新情報

コロナウィルスの感染防止のため
6月より、時間を短縮して懇談会再開しております
9月は、24日木曜日
午後1時から3時となっています。
会場では基本マスク着用です。
よろしくおねがいいたしますm(_ _)m

こんなことで悩んでいませんか?

    *パニック障害で仕事ができなくなった、
      乗り物に乗れない、
        歯医者さんや美容院に行けない。

   *手が震えてお茶が入れられなかったり、
       署名 ができなかったりする

     *トイレが心配で外出ができない

       *体調が気になって生活が困難、
             夜眠れない。

         *自分の表情が人に不快な感じを
              与えていると感じる、
           対人緊張が強く、世間話ができない

              *確認を繰り返し、生活が困難

       これは皆神経症の症状かもしれません

      *福山女性懇談会

  福山女性懇談会は、森田療法を勉強しながら自分の今の状況を明らかにし、

お互いの悩みや日頃感じていることを話しあうことによって、症状を軽減していく

そんなグループです。
 
 ただいま参加されているのは5,6人です。

1ヶ月に1度の集まりなので、ひと月の間の出来事、困ったこと、考えたことなど

会話の中で報告しあいます。

先生がいるわけではないので、こうしなさいというような指導はありません。

福山女性懇談会は比較的女性の集いやすい、平日の昼間に開かれていて、

持参した昼食を食べながら、和やかな雰囲気でおしゃべりをしています       

福山女性懇談会は、生活の発見会という全国組織に所属しています。

                                     


  *森田療法 生活の発見会とは

     森田療法は、神経症者を対象とした精神療法の一つで、

高知出身の医学博士森田正馬(まさたけ)(1874―1938)が開発しました

 治療原則は、無意識についての分析や症状の内容解釈などはせず、

症状(気分)はあるがままに受け入れながら、必要な行動をして行くというものです。

NPO法人「生活の発見会」は神経症に悩む人たちが森田理論を柱に、その克服をめざして集い

どんな政治、宗教団体にも属さず、自主運営している自助グループです。

また日本森田療法学会やメンタルヘルス岡本記念財団の

支援や協力をいただきながら活動をしています。

1998年には保健文化賞(第一生命主催、厚生労働省、NHK厚生事業団後援)を受賞しました。

また2005年6月生活の発見会は東京都より特定非営利活動法人

(NPO法人)として認証を受けました。


   

最後に

 同じ悩みを持つ人々と話すことで、少しずつ気持ちが楽になっていきますよ
ご参加お待ちしています

 福山女性懇談会は生活の発見会会員による自主的な活動グループです。
詳細は生活の発見会ホームページをご覧ください(生活の発見会ホームページはメールとリンクの欄にあります)


 福山にはもうひとつ福山集談会という集まりがあります。
毎月第1日曜日の午後、福山駅北側の市民参画センターで開催されています、こちらは男女にかかわらず参加していただけます
(詳しくはリンクの欄よりクリックしてホームページをご覧ください)

  • 懇談会開催日時

会場は

山陽本線福山駅より福塩線で10分
神辺駅より徒歩3分

月1回開催

開催場所 福山市神辺公民館
住所   福山市神辺町大字川南3088番地1
開催日時 毎月第4木曜日
   13時〜15時
参加費 発見会会員500円
非会員1000円
その他

アクセス

powered by crayon(クレヨン)